1. TOP
  2. スマホコンサル
  3. 商品は売らずに結果を売る│飲食店 経営 集客

商品は売らずに結果を売る│飲食店 経営 集客

こんにちわ。
PC スマホ苦手 飲食店経営者専門
スマホ集客 アドバイザー 片岡です。

e9ddb4115518ffe17c1f999d54fc4c59_s

 

 

 

 

 

 

 

 

前のブログでは、ターゲットについて
お伝えしました。

詳しくはこちら

http://www.dogstyle.jp/archives/847

さて今回は、そのターゲットに対してどのような
メッセージを届けるか。

多くの人がこのメッセージに関して間違った考えを
持っています。

先日、クライアントさんからこんな相談がありました

「お店で出す新しい商品のPOPを作りたいんですが」

じゃ、その商品を僕に分かるように説明してもらえますか?

すると、

「〇〇産の厳選した素材と〇〇年熟成されたA5ランクのお肉
を秘伝のスパイスで・・・・・・」

という答えが帰ってきました。

僕は、説明を聞いた後に、こう質問しました。

A5ランクのお肉って、何が違うんですか?

その答えはこうです。

「牛肉には等級があってAからC 1から5があって
 肉質や脂肪の付き方で・・・・」

 

 

このやり取り、どう思われますか?

 

“別によくある普通の光景、うちもよくあるし。”

 

そう思ったあなたは、考えを変える必要があります。

 

 

もし、僕が牛肉のプロであればこの会話で問題無いと
思いますが、残念ながら素人です、同時にお客様はも同じです。
業界寄りの話をされても、ぜんぜんわかりあませんし
お客様は素材の詳細などあまり気にしていません。

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

 

 

 

 

 

 

 

作り手側はどうしても商品に思い入れがあるので、商品を
メインに説明してしまいがちですが、お客様の知りたいのは

 

それが、美味しいかそうでないかという結果なのです。

大事なのは顧客目線

 

例えばこんな感じです。

【一口くちに入れると、まず、香り、その後、秘伝のスパイスが
溶け込んだ肉汁がジュワーッと来てもうビールが止まりません】

店長〇〇のおすすめ。

 

詳しい素材のことは一つも入ってませんよね。

 

また、こんな事例もあります。

 

本場イタリアで20年修行したシェフが本場の
味にこだわりあまり、素材もコストを掛けて
全てイタリアから空輸、食器や備品に至るまで
すべてイタリア製。

一方

素材は国産、味も日本人口にあうアレンジ
して箸もあるし、焼酎だって用意してる

 

どっちのお店がお客様が入りやすいし利益が取れそうですか?

 

お客様でイタリアに行ったことがある人の割合はどれほど
でしようか?

 

もちろん、ある程度のポリシーは必要と思いますが

 

お客様が美味しいと思うかは別問題です。

 

これらは、ホームページやチラシを作製する場合にも
当然必要な部分です。

 

もし、あなたが商品にこだわり過ぎているならば
一歩引いて見てください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Googoleに好かれる、スマホ対応サイト構築セミナー
を近く開催予定です。
いち早くメルマガ読者様にご案内をする
予定ですので、是非メルマガ登録お忘れなく。

開催予定地:都内
日程は未定ですが:平日開催を予定

無料メルマガ登録ここから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏

ドッグスタイル
片岡 守
http://www.dogstyle.jp
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏

 

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • たった3つの施策で客単価を上げる方法

  • SNS時代のネットマーケティングとは

  • 10年後47%の仕事が不要になる? あなたの仕事は存続できているか

  • 読者さんにだけに告白します、実は今・・・

お問合せはこちら050-3636-5793