1. TOP
  2. ITコンサル
  3. 日本語ドメインのSEO有効性は?|飲食店経営 集客

日本語ドメインのSEO有効性は?|飲食店経営 集客

こんにちわ。
PC スマホ苦手 飲食店経営者専門
スマホ集客 アドバイザー 片岡です。

d9cf9c1fd78c1065032344a891ca0b57_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、ドメインつまりホームページアドレスに
日本語が使えるのを知っていますか?

例えばこんな感じです。

http://www.静岡イタリアン.jp
通常は
http://www.ristrante-roma.jp

のような感じで店舗名や会社名を英語で表記しています。

見た感じどちらのほうがクリックしたくなりますか?
日本語のほうが何となく気になりませんか?

なぜか?

お客様が検索しているキーワードそのままだからです。

店舗探す場合、固有名詞つまり店舗名ではまず探しませんね。
ほとんどの場合店舗の場合には地域名+業態で検索されています。

SEO(検索上位表示対策)効果も以前に比べると弱くなりましたが、
検索キーワードに近いもしくはそのものなので、クリックされる
確率が上がるというメリットがあるので、店舗ページの場合は
有効と感じます。

しかし、一方でデメリットもあります。

日本語ドメインは見た目は日本語ですが
ネット上ではこのように変換されています。

例:赤ちゃんのぐずり.netというサイトがあります。

こちらは、http://xn--z8juat6cyfxb5cv399i.net/
のような無意味なコードに変換され、やりとりされています。
なので、海外向けやメールアドレスには不向きです。

も少し詳しく日本語ドメインのメリットデメリットを挙
げてみますね。

【メリット】
1.アドレスバーに直接日本語を打ち込んでアクセスできる
2.お客様や取引先に覚えてもらいやすい
3.ドメインを見ただけでどういう内容のサイトかわかる
4.検索結果のインパクトが大きいのでクリック率が高い

【デメリット】
1.コード表記ではわかりずらいので管理がしずらい
2.コード表記では余計にURLが長くなってしまう
3.メールアドレスには不向き
4.リンクを張ってもらいにくい

まとめ

店舗の場合は、まだドメイン名も空いているので
ターゲットが日本人のみならば日本語ドメインは
有効だと思います。
ドメイン名を決める場合は、自分の地域ではどのような
キーワードが多く検索されているのかを調べる必要があります。
例えば
新宿居酒屋よりも新宿飲会の検索数が多ければ
新宿飲会.jpにしたほうが有利だからです。

検索されているキーワードはグーグルキーワードプランナー
というサービスで簡単に調べられますので
試しアクセスしてみると面白いですよ。

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

もう少し詳しく動画で解説しています。

 

では、では。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
通常1時間2万円の相談料をブログ読者に限り
無料相談をお受けします。
2月14日までの限定受付です。

無料と言っても手抜きなんかしません
真剣に売上を上げたいと思っている方
そんなあなたを真剣に助けたいから

電話、スカイプを使用します。

まずは、こちらからお問合せください。

http://bit.ly/18hOokg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ブログでは書けないメルマガ限定情報配信中

無料メルマガ登録ここから

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
ドッグスタイル
片岡 守
http://www.dogstyle.jp
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • たった3つの施策で客単価を上げる方法

  • SNS時代のネットマーケティングとは

  • 10年後47%の仕事が不要になる? あなたの仕事は存続できているか

  • 読者さんにだけに告白します、実は今・・・

お問合せはこちら050-3636-5793